挿画

2014.09.16 Tuesday

0
    金子書房から出版の「ヘルピング・スキル」という本のカバーに絵を使って頂きました。
    とっても分厚い本。



    カウンセラーの面接技法、対人援助職のコミュニケーション・スキルとしての「ヘルピング」。
    その第一人者である著者がヘルピング・スキルの習得方法をまとめた、アメリカのロングセラーだそうです。
    その日本語訳判になっています。

    探求・洞察・行動という「3つの柱」が重要な内容のため、もともと白いちょうちょのようなものが1つだった絵に、ちょうちょ型に切り取った紙を乗せて、3匹の蝶が戯れているようにしました。
    こういう方法もあるんですね。

    本のお仕事は毎回自分の絵の新しい面を見るようで新鮮です。
    デザイナーさん、編集さん、ありがとうございます。